「SOZO起業塾」第6期生が、ビジネスプラン発表会で新ビジネスのプレゼンテーションを行いました。

 本大学院経営情報学科研究科「SOZO起業塾」の第6期生9名による、ビジネスプラン発表会が2月14日(土)13:10より本学E棟21教室にて開催されました。
 今期の「SOZO起業塾」は昨年10月からスタートし、第Ⅰ部の理論セッション、第Ⅱ部の実践セッションを合わせて全42コマ。講義の最後には今までの集大成として塾生9名(社会人)の方が2班に分かれ、新規ビジネスプランのプレゼンテーションを行いました。
発表テーマは、A班は「スポーツ&運動促進の企画会社(スポーツ情報ポータルサイト)」、B班は「心と身体の「訪問」医療マッサージ・リラクゼーションマッサージ」と題し、新規ビジネスについて、会社概要、ビジネス理念から事業戦略、資金計画、収支計画等をスライドを用い25分程度にまとめ発表しました。
両2チームの魅力的な新規ビジネスプランに対し、ゲストの方々からも踏み込んだ質問や、アドバイス等もなされました。
最後は佐藤教授より塾生の方全員に修了証書が手渡され、塾生の方からは「よい機会を与えていただきました」「初めは大変だと思っていたけれど、異職種の方たちとの交流は新鮮で、考え方の違いがとても勉強になりました」「学んだ事を今後の仕事に活かしていきたい」などの感想をいただきました。
塾生の方に佐藤教授から「今回学んだ事を今の仕事に還元して欲しい」との言葉の後、記念撮影をして閉会となりました。
ご多忙中、ご参加いただきました来賓の方々には心より御礼申し上げます。
また塾生の方は5ヶ月間の講義本当にお疲れ様でした。
皆様の今後のより一層のご活躍を心より祈念しております。

【SOZO起業塾とは】 http://www.sozo.ac.jp/exchange/sozo-kigyojuku.php

〈新聞記事〉

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。