本学と中国・太原科技大学との「学術交流協定」締結の調印式が行われました

 豊橋創造大学と中国の太原科技大学との学術交流に関する協定締結の調印式が、平成26年12月16日(火)に本学にて行われました。
 本学と太原科技大学は、2004年8月の「学術交流に関する協定」の締結後、太原科技大学から本学への留学生(大学院生)の受け入れ、本学教員による太原科技大学での講演など、両校の学術、教育の交流を進めてきました。
 特に、平成24年には太原科技大学の創立60周年記念の招待を受け、本学より記念品とともに日本語学科への千冊余の日本の図書を寄贈するなど、両校の関係はますます進化しておりました。
 10年という協定期限の切れる節目の平成26年に、また新たな「学術交流協定」の締結の調印を行いました。協定の締結に当たり、太原科技大学からは副校長・李俊林教授、経済与管理学院長・任利成教授、日語教研室主任・斉明皓副教授の3名が来日されました。

 協定の締結後、両校の学術・教育の交流をさらに深めるために、国際間の共同教育の枠組み作りや訪問留学生の受け入れ、大学院生のスタディーツアープロジェクトなど、新たなプロジェクの検討がなされました。これらのプロジェクトの実施に向けて、今後、より詳細な協議を進める予定です。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。