メディア・ネットワーク学科4年 近藤智彦くんがプジョー1007デザインコンテストに入賞。

コンテストの概要

 フランスの自動車メーカーであるオートモビル・プジョー社の1007発売に伴い、日本国内におけるプジョー・ジャポンは販売促進の一環として、2006年春にインテリアのデザインコンテストを開催した。
 同製品はカメレオキットという着せ替え可能なインテリア昨日を備えており、今回のデザインコンテストはそれらのデザインを公募したものである。

プジョー1007

 プジョー1007は欧州のもっとも小さな車種区分であるAセグメントに続く、2番目に小さいハッチバックであるBセグメントという区分に分けられる。日本ではトヨタ・ラクティスなどのコンパクトカーと競合する。上記のカメレオンキットの他に、両側スライドドアや2トロニックによる差別化が図られている。
 車両本体価格は199万円から299万円となる。

デザイン対象

 カメレオキットでは、前後のシートの座面と背もたれ、ドアトリム、エアコン吹き出し口、ダッシュボードマットの交換が可能だが、今回のデザインではその内の

  • エアコン吹き出し口
  • 前シートの座面
  • ダッシュボードマット
の3点が対象となった。

結果

今回のコンテストによる受賞者は以下のとおりである。
グランプリ: 1名
佳作: 10名
入賞: 100名
今回の総応募数は555名であり、その中で佳作(2位)を受賞した。

参考

プジョー・ジャポン: http://www.peugeot.co.jp/index.html

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。

PAGE TOP