20周年記念講演会で、株式会社タニタ開発部主席研究員佐藤富男氏が講演

4月24日、本学創立20周年記念事業スポーツ・健康シリーズ講演会第2弾として、株式会社タニタの開発部主席研究員佐藤富男氏を講師に招き、記念講演会を開催しました。

講演では、体重計メーカーの株式会社タニタが、タニタ食堂によって有名になり、「ブランド・ジャパン2016」で24位となった話に始まり、今回のテーマである「タニタが開発する健康をつくる商品」の歩みとその開発の背景について語られました。

「肥満をはかる」をコンセプトにした体脂肪計と体組成計については、開発における裏話から、正確に測るためのポイントもアドバイス。また、活動量計、睡眠計とはどういうものか、肥満の解消や、睡眠の改善にどのように役立つか、身近な事例を交えながら紹介。後半では、健康寿命延伸につなげていこうと、呼気アセントの計測、筋質の計測、高齢者下肢機能の計測における3つの新技術を紹介。「はかる」を通して健康づくりに貢献し、今後もいろいろな機器を開発していきたいと結びました。

もっとSOZOを知ろう。SOZOとつながろう。